経営理念

確実に、小さな成功を積み重ねて
信頼を築いてきました。企画・開発力と最良なシステム作りへの情熱が成功の条件では無いでしょうか。代表取締役 市原 雅之 Masashi Ichihara

代表取締役
市原 雅之

確実に、小さな成功を積み重ねて信頼を築いてきました。企画・開発力と最良なシステム作りへの情熱が成功の条件では無いでしょうか。

ご挨拶

 かつての電算機から進歩した現在のITは、発展する企業にとって財務やマーケッティング同様、絶対的な必要条件にまでに成長してまいりました。また、日本の高度な情報ネットワーク技術は、今後のグローバルリレーションシステムを実現する上で欠かせない資産であります。

その様な激変する情報産業界の中で、当社は設立以来多様な業態のシステム開発を行って来ました。常に意識しているのは、ユーザに利益をもたらす最適なシステム作りへの情熱であります。

夢の実現・適正さ・最適技術の3つを信条に信頼されるITソリューションデベロッパーとしてこれからも選ばれる企業でありたいと考えております。

夢の実現

 当社では、単純にシステムを開発するのでは無く、ユーザの立場で課題を解決する事が責務と考えております。難しい状況でも、共に問題を解決し、夢を実現していく事によりユーザからの信頼が生まれると考えております。

適正さ

 現代は本質で考える時代です。物事の本質を見極め、何事にも適正な見方をする事が求められております。当社は、自社開発を続ける中で多様な面で適正なる価値観を学んで参りました。

システムのありかた・セキュリティー・品質管理など、システム開発で常に適正な提案を行う事で安心して任せられる開発を目指しております。

最適技術

 変化が激しい情報産業界であるがゆえに、研究が重要と考えております。 常にアンテナを高く上げて、ユーザのニーズに合う開発手法・ツール等を研究し、チャレンジする精神を大切にしてきました。オープンソースの活用やスマホ・タブレットアプリ開発など、いずれも早い時期から導入を行っております。

これからのITサービス

 当社では、受託開発にこだわらず、ユーザーの要望により、ニーズ・現状課題の分析から着手し、他社のパッケージやオープンソースの活用も視野に入れてオープンな条件で最適なソリューションをユーザーに代わり策定しております。

IT業界も作る時代から使う時代に変革する中で、ユーザーニーズの叶う最適なクラウドサービスの選定・活用などシステムの企画・提案から導入・運用まで一貫した対応がこれからの信頼されるIT企業の本当のサービスと考えております。